読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I/O編集長好記 2nd season

雑誌から溢れた内容をつらつらと。バージョン2

雑誌に載せきれなかった情報をつらつらと。
バージョン2。

【2016年6月号】リアリティ技術− 「VR」「AR」の「仕組み」と「実際」

今月号の特集は【リアリティ技術− 「VR」「AR」の「仕組み」と「実際」】です。

http://www.kohgakusha.co.jp/bookimages/4402m.jpg

 

 「VR」(仮想現実)や「AR」(拡張現実)は、手軽に扱えるデバイスが少なかったため、なかなか普及しませんでした。
 しかし最近、「PlayStation VR」や「Oculus Rift」などのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)や、パイオニアの「ARカーナビ」などが登場し、普及の兆しが見えてきています。

 また、「VR」「AR」は、医療や福祉、防災分野でも使われはじめ、身近な技術としても導入され始めています。

 今月号では、「VR」「AR」の「技術」から、実際に使われている場面、また、その発展系である「SR」 (代替現実)や「MR」 (複合現実)についても取り上げます。

 まずは熊本地震で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
 一ヶ月が過ぎましたが、未だ多くの人が避難生活を強いられている現状に、何もできない自分が、ただただ歯がゆい思いで一杯です。

 地震も恐ろしいですが、さらに怖いのは、地震の影響による二次災害。

 こんなときこそ、「ドローン」による救援物資の輸送や「リアリティ技術」を使った遠隔操作など、科学の力を結集すべきところですが、未だかなわず。

 これらの分野がもっと発展することを心より願っています。

***

 本誌の発売は5月18日。こちらよりお買い求めください